top of page

5月より、iDeCo加入可能年齢の引き上げ

更新日:2022年6月1日

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入可能年齢が

2022年5月より60歳から、65歳未満に引き上げになりました。

さらに政府は、70歳まで引き上げを検討しているようです。



貯蓄から運用へ、年金の上積みを自助努力として継続できるのはとても良いことです。

しかしながら、確定拠出年金は、厚生年金被保険者、または国民年金被保険者が

拠出できる制度であることも忘れてはいけないのです。


つまり、60歳以上でiDeCoに拠出し続けるのであれば、厚生年金に加入し続ける、もしくは480か月に満たない国民年金の穴埋め、国民年金に任意加入し続けないといけないのです。

上澄みだけを大きくすることは不可能ということになります。


老後の資産形成のツールとして活用できる制度は、色々あります。どの制度を使うのかは、各々の働き方や、資産状況によって自分のプランをしっかり考えていく必要があるようです。


100ten schoolでは、ベテランファイナンシャルプランナーが

皆さんの資産形成をしっかりサポートいたします。

コンサルティングご希望される方は、

school@100ten.co.jpまで、お問い合わせください。

最新記事

すべて表示

10月から後期高齢者(75歳以上)一部の方の方の医療費負担が2割へ

2022年10月から後期高齢者一部の方々の 医療費自己負担分が増えます、ご存知ですか? 対象は全体の2割程度、370万人が該当します。 対象者は年収で決めます。 まずは毎月の収入が28万円以上の方、 (年金収入 + 事業収入や、給与収入から必要経費や給与所得控除を差し引いた後の金額) 尚且つ、単身世帯は年収200万円、2人以上世帯は年収が320万円以上の方。 両方を満たした方です。 対象の方には、

Comments


bottom of page